当店の商品・コーディネート方法・開発秘話などに関するコラムを掲載しております

当店の商品・コーディネート方法・開発秘話などに関するコラムを掲載しております

簡単!バリ風インテリアでアジアンスタイル【実例24&解説】(玄関 編)

2020/12/15 更新

「新築の住まいでは、夢だったアジアンテイストのお家にして癒される空間にしたい。」

「もうすぐ、新居に引っ越しするので、インテリアを考えている。特に玄関は来客が最初に目にするところなのでオシャレにしたい。」

「ネットで画像を検索しても、モダンなオシャレすぎる造りの例ばかりなのでイメージがわかない。」

新居に引っ越しするときは新しい生活を夢見て、どんなインテリアを飾ろうかと考えている時間って楽しいですよね。お家にお友達を呼んだときに

「素敵~オシャレ~、こんなお家に住みたい。憧れだわ」

なんて言われたら嬉しいですよね!せっかくなので、憧れのバリ風のホテルのような空間にしたい。 でも、どうやったらバリ風のアジアンなお部屋に出来るかわからないですよね。あれこれ探すのは楽しくもあり、でも少し悩むので疲れてきますよね。

もしお友達に相談されたら

もしお友達に「お部屋をアジアンテイストにしたい」と相談されたらという視点で、 当店で取り扱っている約1000点のバリ風インテリア雑貨・家具の中から厳選したオススメのインテリア雑貨お客さまから送っていただいた実例もご紹介させていただきます。

また、簡単に出来るコーディネートのポイントやコツもわかりやすくお教えします。

これで解決!

これを読めば、ぼやっとしていたアジアンテイストのイメージがはっきりして、理想のスタイルの玄関を作るためのインテリアやコーディネートが見つかります。

お家に遊びに来たお友達にも「素敵~」「センスがいいね」「こんなお部屋に住みたい」と褒められると嬉しいですよね! (嬉しい)悩みもひとつ解決し、夢膨らむ新居での憧れのアジアンテイストの生活を楽しんでください。

では、バリ風インテリアで「アジアンテイスト」にする方法について、これから詳しく解説していきますね。 インテリアが初心者の方でも、簡単にできるコーディネートが中心なので、気軽にご覧ください。

目次

アジアンテイストとは

アジアンテイストとは、主に東南アジアの伝統や身近に使われている自然素材を住まいやインテリアに取り入れること。その中でも大きく3つに分けてお話します。

  • アジアンテイスト(バリ風)
  • アジアンリゾート風
  • アジアンモダン(+リゾート感)

今回は「アジアンテイスト(バリ風)」のインテリアやコーディネートのご紹介です。

テイストをわかりやすくするために、本サイトでは、下記のように定義して説明いたします。

「アジアンテイスト(バリ風)」は、基本的にダークブラウンの家具で全体的に落ち着いた雰囲気で、バリっぽいインテリアや装飾品を合わせるスタイル。

「アジアンリゾート風」は、ダークブラウンやブラウンの家具を基調に、グリーンや装飾品で、開放的で明るい雰囲気のスタイルに。

「アジアンモダン(+リゾート感)」は、自然素材の家具をブラウン系で揃えた温かみのある空間に、 現代的なセンスのインテリアを取り入れた落ち着きとリラックス感のあるスタイル。(さらにリゾートの要素をプラスしたスタイル)

ただし、全く違うものではなく、アクセントになるカラーが違ったり、組み合わが違っていたりするだけで、重なる部分も多いです。

多くの人が「アジアンテイスト」で一番にイメージするのは、南国バリ島のリゾートホテルではないでしょうか?

バリ風のお部屋は、心も体もリラックスさせてくれて、ホッと落ち着く癒しの空間ですよね。

「バリ旅行のときに泊まったリゾートホテルやヴィラで味わった贅沢なくつろぎと非日常感を自宅でも取り入れたい。」と考えている方も多いと思います。

または、「アジアンリゾートの極上のSPAで感じた心身ともにリラックスさせてくれる癒しの雰囲気を取り入れたい」という方もいるかもしれません。

また、バリには行ったことはない方でも、アジアンテイストのインテリアを取り入れたい方の多くは、「癒し」「リラックス」「非日常感」を求めているのではないでしょうか?
お部屋をバリ風にすると「ゆったりとした非日常の暮らし」を私たちに与えてくれます。

アジアンテイスト(バリ風)の3つのポイント

1.素材

身近にある自然素材を使用して作られているということです。木、籐、バンブー、ココナッツなど南国の植物や貝や石など自然素材が使われています。
金属やプラスティック製品のような工業製品にはない「優しさ」「ナチュラル感」があります。

2.ハンドメイド

バリ島で作られるインテリアは、豊富な自然素材を使い、伝統や文化に培われたゆったりとした生活の中で、人がひとつひとつ手でつくる「温かさ」があります。

手作りなので同じものを大量に作ることはできません。よく見ると、ひとつひとつ違っていて、それもまた工業製品にはない味があって魅力のひとつです。

3.カラー

メインカラーはダークブラウンで、ホワイト、グリーン、パープル、オレンジ、ワインレッドを合わす組み合わせがよく使われています。

例えば、ダークブラウン(家具)×グリーン(観葉植物や造花)×ホワイト(石製品)に、
差し色で、オレンジorパープルorワインレッド(ファグリック系)を持ってくるのがオススメです。
ただ、カラー数を少なくした方が上品で落ち着いた雰囲気になります。

「アジアンテイスト(バリ風)」にするポイント

玄関は来客が最初に目にする場所で、その家の第一印象を決める大切な空間。
思わず『わぁ、すてき!』と言われるようなオシャレな場所にしたいですよね。

また、疲れて帰宅してきた時に、最初に目にする玄関に、お気に入りのインテリアがディスプレイされていたら嬉しくなって元気が出ますよね!

さらに、インテリアはもちろん香りも大切です。

「新居ではおしゃれなアジアンテイストの雰囲気にしたい」

「バリのホテルのような癒しの空間に模様替えしたい」

「もっと素敵な空間になればなー」

という方も多いはず。

でも、「何から飾ったらいいのか?」「どのようにコーディネートしたらいいのか?」悩みますよね?
このページでは、アジアンインテリア初心者の方でも、簡単にできるポイントをお教えします。

限られた空間なので、たくさんのモノを置くことは出来ません。無理に置くとゴチャゴチャしてしまいます。

「靴箱・下駄箱・シューズボックスの上」「正面の壁」「床」の3ヶ所にオススメのインテリア、アイテム、置物、そして飾り方のポイントをご紹介します。

玄関をバリ風インテリアでアジアンテイストにする方法

ポイント

玄関の靴箱(下駄箱)・シューズボックスの上は、たくさんモノを置いてしまうとゴチャゴチャとした印象にしかならないので、 まず、一度、何もない状態にしてからスタートしましょう。それではオススメのインテリアをご紹介していきます。

オススメのインテリア1(カエルの石像)

バリ島ではカエルは「聖なる生き物」「神様の使い」として、ホテルやスパなどいたるところで石像が飾られているので、バリのリゾートを感じさせてくれます。

(日本でも「無事に帰る」「福が帰る」「お金が帰る」などと言われ、昔から縁起の良いものとされています。さらに、前にしか跳ばないことから、出世運や仕事運にも良いとされています。)

カエルの石像の詳細はこちら

オススメのインテリア2(バリニーズのカップルの石像)

カエルはちょっと・・・という方は、当店でもずっと人気のバリニーズのカップルの石像「バリLOVERS(セット)」がオススメです。癒しのバリ島リゾート空間してくれます。

バリニーズのカップルの詳細はこちら

オススメのインテリア3(椰子のインテリア)

椰子のインテリア2 ラタンボールの詳細はこちら 椰子のインテリア(ダークブラウン)の詳細はこちら

オススメのインテリア4(レリーフ・時計)

レリーフやレリーフ時計を玄関の下駄箱の上に飾ると、さらにインテリア性がアップします。玄関の時計は以外と重宝します。

掛け時計の詳細はこちら ストーン レリーフの詳細はこちら

オススメのインテリア5(南国の造花+ボウル)

バリのホテルやスパでは、石のボウルに水を入れ、その中にフランジパニのお花を浮かべたり、砂を入れて飾っていたりするのを見かけます。

フランジパニのボウルの詳細はこちら ガラスの水盤(M)の詳細はこちら ボウル(チーク)ダークブラウンの詳細はこちら

オプション1(マット、テーブルランナー)

飾っても、何か引き締まらないという場合は、テーブルランナーを使いましょう。

テーブルランナー(ラグジュアリー)の詳細はこちら

インテリアやオブジェを引き立てるためにはマットを敷きましょう。

シェルのテーブルセンターの詳細はこちら

マットを敷くことにより、ステージが出来て引き締まります。

シェルのインテリアマット丸型の詳細はこちら

オプション2(プルメリアの造花)

バリを代表するお花のひとつで、バリのリゾートホテルやSPAでは必ずといっていいほど、インテリアとして飾っています。

インテリアや小物に添えたりするだけで、その空間を一気に南国リゾートにしてくれるアイテムです。

これがあるだけで、南国リゾートの雰囲気がでます。

フェイクフラワー プルメリアSS(5個セット)イエローの詳細はこちら

オプション3(台座)

インテリアやオブジェを飾ってみたけれど

「思ったようなイメージにならない」

「何かいまいち・・・。」ということはありませんか?

そんな時は飾り台や木の台座を使ってみてください。他の場所より少し高くすることで「特別感」が生まれ、上に乗せたインテリアをグッと引き立ててくれます。

アジアンテイストな台を使えば、シンプルなインテリアも一気にオシャレな「アジアンの雰囲気」に変えてくれます。

渦巻きの台(チーク)Sの詳細はこちら

台に載せることで格調高い雰囲気になります。

渦巻きスクエアー(チーク)ミニの詳細はこちら

壁面をバリ風インテリアでアジアンテイストにする方法

ポイント

玄関を開けると真正面に壁があり、そこの空間を何とかしたい。靴箱・下駄箱・シューズボックスなどの上の壁に何か飾りたいと思っている方も多いと思います。

「何か寂しい」「アジアンっぽくない」「雰囲気を変えてみたい」というときに簡単でオススメなのが壁に掛けるインテリアを取り入れることです。

オススメのインテリア1(レリーフ)

バリ島のホテルでは、フロントの正面の壁にレリーフを左右対称(シンメトリー)に飾ったり、3つ並べて飾ってコーディネートしています。
また、日本の設計・デザイン事務所様からも、バリ風のホテル、レストラン、サロン用によくオーダーをいただきます。

バリ風にしたいと思ったときに、インテリアに詳しくなくても、バリの雰囲気を簡単に作ることができるのが壁掛けの「レリーフ」です。

特にレリーフの中でもオススメなのが、ダークブラウンの額付きのレリーフで、白い壁にもよく映えて飾りやすい。何枚か並べて壁に掛けて飾ると、バリのホテルのように空間になります。

ストーン レリーフの詳細はこちら

オススメのインテリア2(絵画)

絵画やアートは初めてという方でも、バリ絵画はインテリアのひとつとして気軽に飾れます。 バリを代表する人気のお花「プルメリアの絵画」は、お部屋をパッと明るくし、気持ちも明るくしてくれます。

リゾートホテルのロビーや廊下に飾っているように絵画を何枚か並べて飾るとバリのホテルのような壁面演出もできます。

額がないキャンバスをそのまま飾っていただくタイプは、さりげなくお部屋に溶け込みアート感がより一層感じられ、何枚か一緒に飾っても重い感じになりません。
また、とても軽いので画鋲(押しピン)などでOK。

(当社の絵画は、バリ島のアーティストが直接絵筆をとって制作した原画で、1枚1枚描いてもらっています。写真とは違い温かみがあります)

絵画 プルメリア1の詳細はこちら 絵画 プルメリア (3連)の詳細はこちら

オススメのインテリア3(イカット)

イカットはバリ島周辺の島々で織られているインドネシアの伝統的な織物。
バリ島のホテルやレストランでイカットを見かけると「あぁ、バリに来た~!」という気分にさせてくれます。

イカットはバリ風インテリアの定番アイテムで、アジアンなお部屋の雰囲気作りには欠かせません。

布を変えるだけでお部屋がガラリと味わいのある空気に変わる。それがアジアンファブリックの魅力です。一番ポピュラーな使い方としては、イカットハンガーに掛けて飾ります。
あっという間にアジアンテイストの空間になります。

イカットの詳細はこちら
(参考)
靴箱・下駄箱・シューズボックスなど壁に寄せて使う家具などの上に飾る場合、その70%くらいの幅に設置するとバランスが良くなります。
小さいレリーフや絵画を飾る場合は、2つか3つ並べて同様70%くらいになるように設置します。

玄関まわりの床や廊下をバリ風インテリアでアジアンテイストにする方法

ポイント

玄関はスペースが限られているので、玄関まわりの床や廊下に置くインテリアは厳選する必要があります。 実用品でも、よりインテリア性が高いモノを選びましょう。逆に、全体の統一感を損なうアイテムは外しましょう。

オススメのインテリア1(傘立て)

日々たくさんの人の目に触れる玄関周りの主役級のインテリアが傘立て。 バリのリゾートホテルのような雰囲気を出したいなら、木製の傘立てがオススメ。

Stylish Series Umbrella stand(傘立て)の詳細はこちら 傘立て(スリムタイプ)(アジアンモダンスタイル)の詳細はこちら

しかも実用品なので、デザインだけでなく機能性も重視したい。

木製だからこそ実現できた「デザイン性」と「持ち運びできる軽さ」「しかし、適度な重さがあって倒れにくい」「傘がほどよく隠れる高さ」を兼ね揃えた傘立て。 内側にアルミ製のボックスも付いているので水滴が付いても安心。

オススメのインテリア2(スリッパラック)

玄関周りで意外と存在感がある「スリッパラック」。 「傘立て」とお揃いのモノにすると統一感が生まれ、同じテイストのレリーフや絵画を飾るとよりアジアンな空間が出来上がります。

当社では、木を使った温もりのあるスリッパラックをオリジナルで製作。 特に「スタイリッシュシリーズ」「アジアンモダンシリーズ」 は、同じデザインで色々なアイテムを展開しているので、 玄関周りだけでなく、洗面なども同じシリーズで揃えるのもオススメ。

3カラー展開している「スタイリッシュシリーズ」は、バリやアジアンリゾートスタイルはもちろん、和、モダンな玄関にも合います。 ぜひ、ワンランク上のコーディネートでオシャレな玄関を実現してください。

Stylish Series Slippers rack(スリッパラック)の詳細はこちら

オススメの家具1(格子のスタンドテーブル)

こちらは家具になりますが、奥行20cm×高さ70cmの超スマート。 特にマンションなど、下駄履やシューズボックスが備え付けで、モノを置くところがない玄関に重宝します。

また、狭い玄関まわりに、オシャレに消毒液や鍵やディフューザーなどを置く場所が出来上がります。しかも格子デザインでスタイリッシュ。

バリの高級リゾートのホテルのロビーのような一角になります。空間をワンランクアップさせる逸品です(全3カラー)。

格子のスタンドテーブルの詳細はこちら

オススメの家具2(コンソールテーブル)

こちらも家具になりますが奥行が約25cm×高さ70cmの半円形なので1/2のスペースで、場所を取らずに設置できます。 玄関を開けて真正面の壁に付けて置いて、上にはレリーフなどを飾ると、とてもバランスよくまとまります。

コンソールテーブル(バリスタイル)の詳細はこちら

まとめ

バリ風インテリアでアジアンなお部屋(玄関 編)にするためのコツと商品をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか? 玄関のインテリアを考える機会は、新居に引っ越しするタイミングが多いのではないでしょうか? 特に玄関は限られたスペースしかないですか、来客が最初に目にするところなのでオシャレにしたいですよね!

今回はアジアンインテリアのことはよくわからないという初心者の方のためにも、置くだけで、 そして、簡単なコーディネートだけでバリ風のアジアンテイストの玄関が出来上がるような商品を厳選してご紹介させていただきました。

また、当店で購入していただいたお客様から送っていただいた実例も掲載させていただきました。 ぜひ、お気に入りのインテリアに囲まれて、癒されるアジアンテイストの生活をお楽しみください。

アジアンリゾート風の玄関については下記の記事をご覧ください。

リゾートホテル風に!「リゾートインテリア・家具」コーディネート実例(玄関・部屋)

アジアンモダンの玄関については下記の記事をご覧ください。

簡単!アジアンインテリアで『憧れのアジアンモダン部屋』実例&解説(玄関・リビング・寝室 編)

お店の紹介

バリ雑貨のお店
Cocobari(ココバリ)

「アジアンリゾート」をテーマに「バリ&アジアンのインテリア雑貨」を1000種類以上、オリジナル商品も200種類以上企画・製作。

デザイン、クオリティにもこだわり、国内の有名ホテルや沖縄(石垣島、宮古島)のリゾートホテルやヴィラにも多数納品実績あり。

店舗デザイン会社、インテリアコーディネーターなどプロの方にも御用達のショップです。

ネットショップ

https://www.coco-bari.com/

実店舗

お店の外観 店内の様子

神奈川県川崎市中原区上丸子山王町1-860-2 榎本ビルC棟

・東急東横線・目黒線「新丸子」駅より 徒歩7分、「武蔵小杉」駅より 徒歩12分

・JR南武線・湘南新宿ライン・横須賀線「武蔵小杉」駅より 徒歩12分

横浜方面からお越しの方は、自由が丘や代官山など、東京方面からお越しの方は、川崎、横浜、元町・中華街に行く途中に、ぜひお立ち寄りください。

※実店舗の詳細(営業時間や地図)はこちらをご覧ください。

Page Top