当店の商品・コーディネート方法・開発秘話などに関するコラムを掲載しております

当店の商品・コーディネート方法・開発秘話などに関するコラムを掲載しております

【厳選】高級感あるガラスの「爪楊枝入れ(スタンド)」

2021/05/01 更新

「高級感のある爪楊枝入れ(スタンド)を探してる」

「お店の雰囲気に合った爪楊枝入れを探してる」

「生活感のない、おしゃれなモノがいい」

最初の頃は、爪楊枝(つまようじ)を使うときだけ出して、使い終わったら片付けて、 すっきりしたリビングだったのに、いつのまにか面倒になり出しっぱなしに。。。

爪楊枝って、便利だけど、置いていると生活感が出てしまいます。

「毎回使うので片付けるのは面倒。だから、おしゃれな爪楊枝入れに置いておきたい。」

そんな方にオススメの爪楊枝入れ(スタンド)をご紹介いたします。

1.ガラスの「爪楊枝入れ(スタンド)」

これ、もともとはオシャレなカフェ向けの「伝票立て」として作りました。

ひとつひとつ手作りしているので、ガラス製品なのに温かみがあるのが特徴。ガラスは「ノーマルタイプ」と「フロストタイプ」の2種類あります。

綿棒、歯間ブラシ、スティックシュガー入れとしてもお使いいただけます。

→「ガラスの伝票立て」の詳細・ご購入はこちら

2.爽やかなガラス&チークの「爪楊枝ケース」

実はこれ、爽やかなガラスと温かみのある木(チーク)を組み合わせて作ったリゾートホテル仕様の綿棒ケースなんです。

爽やかなガラスと温かみのある木(チーク)を組み合わせて作ったホテル仕様で、これに爪楊枝を入れると、とてもおしゃれな雰囲気になります。

→「綿棒スタンド(ヨコ) ガラス」の詳細・ご購入はこちら

バリガラス シリーズで統一感あるコーディネート

バリ島では、島在住の世界的に有名なガラスアーティスト鳥毛清喜氏の影響で数々の作品が生まれています。爽やかな淡いブルー、重みのある質感、手作りの温かみが特徴。

ひとつひとつ昔ながらの手作りで製作しているので、ガラス製品なのに温かみがあって、「ぽっとりとしたシルエット」がなんとも可愛いのがバリガラスです。

そんなバリ島の手作りのガラス製品を取り揃えたバリガラス シリーズ。当店が製作を依頼しているのは、バリ島の高級リゾートホテルやスパでも多数採用されている工房です。

バリガラスの制作風景を少し、動画でご紹介します。

↑クリックすると動画がスタートします(音あり)

洗面所で使うコットンケース、トレイ、ソープディッシュ、プレートから、インテリアとして飾るフラワーベースや水盤、スパ用品まで多数取り揃えています。

バリガラスシリーズでコーディネートすると、洗面所やリビングがリゾートホテルのようなまとまりのある空間になります。

→「バリガラス シリーズ」の詳細・ご購入はこちら

今回は、当店の商品の中から、高級感あるガラスの「爪楊枝入れ(スタンド)」をご紹介しました。また、バリガラス シリーズは他にも色々なアイテムがあるので、ぜひ、ご覧ください。

バリガラス シリーズで揃えて、おしゃれですっきりとしたリゾートホテルのような空間にしてください。

※お客様の感想は、メールで直接送って頂いたり当社の他の店舗の感想なども含んでいます。

お店の紹介

バリ雑貨のお店
Cocobari(ココバリ)

「アジアンリゾート」をテーマに「バリ&アジアンのインテリア雑貨」を1000種類以上、オリジナル商品も200種類以上企画・製作。

デザイン、クオリティにもこだわり、国内の有名ホテルや沖縄(石垣島、宮古島)のリゾートホテルやヴィラにも多数納品実績あり。

店舗デザイン会社、インテリアコーディネーターなどプロの方にも御用達のショップです。

ネットショップ

https://www.coco-bari.com/

実店舗

お店の外観 店内の様子

神奈川県川崎市中原区上丸子山王町1-860-2 榎本ビルC棟

・東急東横線・目黒線「新丸子」駅より 徒歩7分、「武蔵小杉」駅より 徒歩12分

・JR南武線・湘南新宿ライン・横須賀線「武蔵小杉」駅より 徒歩12分

横浜方面からお越しの方は、自由が丘や代官山など、東京方面からお越しの方は、川崎、横浜、元町・中華街に行く途中に、ぜひお立ち寄りください。

※実店舗の詳細(営業時間や地図)はこちらをご覧ください。

Page Top